楽天証券

楽天証券

SBIバンガードS&P500と楽天バンガードファンド、どちらを買うべきか?

SBIバンガードS&P500インデックスファンド(愛称:SBIバンガードS&P500)はS&P500指数のパフォーマンスへの連動を目指す投資信託である。この投資信託は米国ETFである「VOO(バンガードS&a...
楽天証券

楽天証券のNISA口座をおすすめできる人とは?

NISA口座では多くの証券会社で国内株式の取引手数料が無料になっている。NISA口座で国内株式のみを購入するなら、どこの証券会社を利用してもそこまでの違いはない。 楽天証券のNISA口座は国内株式と投資信託を楽天ポイントで購入...
楽天証券

楽天証券をもっともお得にする賢い使い方を紹介します

証券会社を選ぶ際には 1.手数料の安さ 2.海外の金融商品では品揃え(扱ってる商品) 3.その他(ポイント投資、還元、クレジットカードによる決済、取引ツールや特典ツールなど) が判断基準となるだろう。 ...
楽天スーパーポイント

楽天ポイントの「運用」について、楽天証券のポイント投資を中心に紹介します

楽天証券では楽天ポイント(正式名称:楽天スーパーポイント)を国内株式や投資信託の購入で「使える」。 また、楽天にはポイント運用と呼ばれ、楽天ポイントをポイントのまま運用するサービスもある。 楽天ポイント運用は楽天...
楽天証券

投資信託の「楽天バンガード」とETFの「VTI」どっちを買うのがお得か?

楽天 全米株式インデックス ファンド(愛称:楽天バンガードファンド)は「バンガード トータル ストック マーケットETF(VTI)」へ主に投資する投資信託である。日本の証券会社では投資信託の楽天バンガードファンド、ETFのバンガード...
楽天証券

楽天株の株主優待を過去の配当実績、将来性とともに紹介します

楽天は株主優待として、2019年12月26日の取引終了時点で100株(1単元)以上を保有する人に 1.楽天キャッシュ(500円分から2500円分) 2.楽天トラベルの国内宿泊で使えるクーポン(総額2000円相当) を配...
楽天証券

楽天証券とSBI証券の賢い使い分け方を紹介します

日本株における手数料では楽天証券とSBI証券に大きな差はない。投資信託や金・銀・プラチナの購入、iDeCoでは「楽天証券」、米国株を含む外国株式や海外ETF、外国債券の購入では「SBI証券」を使うのがおすすめである。海外の金融商品で...
タイトルとURLをコピーしました