楽天証券

楽天証券

ひふみプラスは楽天証券で購入・保有すべき理由

「ひふみプラス」は証券会社で販売されている投資信託で、約5割を日本の中小型株もしくは超小型株に投資している(ひふみのあゆみ 2020年11月度月次ご報告書より)。レオス・キャピタルワークスが設定・運用・販売を行う「ひふみ投信」と構成...
楽天証券

楽天・バンガード・ファンド(全米株式)とeMAXIS Slim米国株式(S&P500)のどちらを、どの証券会社で買うべきか?

「楽天・全米株式インデックス・ファンド(愛称:楽天・バンガード・ファンド(全米株式))」は「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)」へ投資する投資信託である。VTIは大型株だけでなく、中型株、小型株を含めて広く米...
楽天証券

SBI・V・S&P500とeMAXIS Slim米国株式のどちらを、どの証券会社で買うべきか?

「SBI・V・S&P500」を購入するならSBI証券、「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」を購入するなら楽天証券を利用すべきだ。なぜなら、SBI証券で買えるS&P500との連動を目指す投資信託の中では「...
楽天証券

投資信託を購入するなら楽天証券を使うべき理由

投資信託を楽天証券で買うべき理由は 1.楽天の買い物における還元が1%増える という理由の他に 2.楽天カードによる投資信託の購入で1%還元を受けれる 3.投資信託の残高10万円ごとに毎月4ポイント(年利0.04...
楽天証券

SBI・V・S&P500と楽天バンガードファンド(全米株式)、どちらをどの証券会社で買うべきか?

「SBI・V・S&P500インデックス・ファンド(愛称:SBI・V・S&P500)」と「楽天・全米株式インデックス・ファンド(愛称:楽天・バンガード・ファンド(全米株式))」はいずれも米国ETF(上場投資信託)へ投資...
楽天証券

楽天証券のNISA口座をおすすめできる人とは?

NISA口座では多くの証券会社で国内株式の取引手数料が無料になっている。NISA口座で国内株式のみを購入するなら、どこの証券会社を利用してもそこまでの違いはない。 楽天証券のNISA口座は国内株式と投資信託を楽天ポイントで購入...
楽天証券

楽天証券をもっともお得にする賢い使い方を紹介します

証券会社を選ぶ際には 1.手数料の安さ 2.海外の金融商品では品揃え(扱ってる商品) 3.その他(ポイント投資、還元、クレジットカードによる決済、取引ツールや特典ツールなど) が判断基準となるだろう。 ...
タイトルとURLをコピーしました