楽天で売られてる商品をAmazonよりも安く買う方法

楽天 VS Amazon楽天市場

 

現在の日本でもっとも利用されるショッピングサイトはAmazonである。月額500円または年額4900円払ってAmazonプライムに加入すれば映画やドラマ、アニメ、Amazonオリジナルといった動画が無料で見れる。

 

Amazonプライムによる買い物での特典としては

1.送料が基本的に無料
2.当日もしくは数日で商品が届く

といったものがある。

Amazonプライムによるショッピングなら楽天よりも送料を含めた価格がわかりやすく、注文してから商品が届くまでも早い。しかし、楽天では多くの商品がAmazonよりも安く買える上、SPUにより大きな還元を得られる。したがって、Amazonよりも楽天での消費額を増やした方が生活は豊かになるだろう。

 

この記事では

▶ 楽天市場で安く商品を買う方法

として商品・サービスの最安値検索、割引クーポンの手に入れ方、15歳から25歳なら学生でなくても加入できる楽天学割の紹介からから

▶ 安く購入したいなら楽天、手っ取り早く商品を受け取りたいならAmazon

である理由までを詳しく紹介する。

商品は全体的に楽天の方が安く、還元率も高い。Amazonと比べた楽天のデメリットをできる限り解消し、楽天を積極的に利用すればより豊かな生活を送れるはずだ。

 

楽天市場で安く商品を買う方法

楽天市場で安く商品を買う方法

 

楽天はAmazonに比べると少々不便ではある。なぜなら、最安値の商品が見つけにくく。送料無料の条件もわかりにくいからだ。しかし、購入方法を工夫すれば金銭的なコストはAmazonよりも下げられる。Amazonでは多くの顧客を抱えてから、全体的に商品を高くしている傾向もある。最安値で商品を購入したいなら、楽天の積極的な利用を考えるべきだ。

 

下記では楽天での最安値検索方法から楽天の割引クーポンを手に入れる方法、楽天学割までを紹介していく。

楽天でSPUによる還元を増やしたい人は下記記事を参考に。

楽天SPUで還元率を高めるおすすめの「攻略法」を紹介します
楽天のSPU(スーパーポイントアッププログラム)とは、楽天のサービス加入や利用を条件に、1.楽天市場2.楽天ブックス3.楽天kobo4.楽天ふるさと納税5.Rakuten Fashion6.楽天海外販売などにおける消費の還元率が最大16%に

 

楽天市場での最安値検索方法

Amazonでは商品名で検索すると、最安値、Amazonプライムに対応した送料無料の商品ページが表示される。しかし、楽天市場の検索では「最安値」「送料無料」といったユーザーファースト(ユーザーを第一に考えた)の観点でページ表示がなされない。

たとえば「モンスターエナジードリンク」で検索した場合も、ファーストビューで表示される商品一覧では目立つ場所に出店店舗の広告がある。

楽天市場の広告枠
この目立つ広告枠にある商品は最安値ではない。Amazonにはこうした広告枠が無い。

 

楽天で商品を検索をしても欲しい商品がピンポイントで表示されにくく、最安値かどうかや送料までもわかりづらい。目的の商品が表示されなかった、多数の類似品が出たら商品名をさらに絞り、重さ(容量)や数量なども記載して検索しなければならない。たとえば、モンスターエナジーでも「モンスターウルトラ」を探しており、1箱(24本)を注文したいなら

「モンスターウルトラ 24本」

と種類、数量を指定して検索をかける。くわえて「並び替え」でも「価格が安い」順に並び替えなければならない。

楽天市場で最安値で買う

 

価格が安い順に並び替えた後も、送料のチェックはしなければならない。送料を含めて考えると最安値にならない商品も多いからだ。中には送料を高めに設定している店舗もある。

楽天内の検索ページで「送料無料と記載」されているものは送料無料である。しかし、送料無料の記載がない場合は

・送料はいくらか?
・送料無料にできる条件があるか?

をチェックしなければならない。

送料が無料にならない、注文金額が送料無料の条件を満たさない場合、商品のまとめ買いも検討もすべきだ。

 

楽天市場で売られてるモンスターの価格
送料込みで考えると、24本なら上の写真一番右の4406円の店が一番安い。しかし、2箱購入するなら一番左が3901円✕2+700円=8502円になるので、一番安くなる。3箱購入する場合も一番左の店が最安値になる。一番左の店は送料700円で3箱まで同封可能となっているからだ。

 

楽天において、欲しい商品を最安値で買うまでの流れをまとめると

①商品やブランド名で検索する
②目的の商品が表示されなかった、多数の類似品が出たら商品名をさらに絞り、重さ(容量)や数量なども記載して検索する
③目的の商品が複数表示されたら価格が安い順に並び替える
④安値で表示された店の送料や送料無料の条件を比較する
⑤商品1つで送料無料の条件を満たさない場合、送料がかかる場合、いくつかの商品のまとめ買いも検討する

以上のようになる。

AmazonではAmazonプライム会員になれば上記工程のうち2、3、4、5が基本的に省略できる。楽天ではこの部分が面倒になるので、不便さを感じる人は多いだろう。

 

楽天ではリピートして商品を購入するのが楽

楽天で最安値の商品を見つけ、送料無料の条件を満たし商品を購入するまでは面倒である。しかし、一度この手間を経験すれば、過去の購入履歴から簡単にショートカットできる。

リピートする商品は、購入履歴をチェックし、以前と同じ数量を同じ店舗で購入すれば良い。こうすれば楽天の買い物で生じる手間も省ける。

もちろん、購入前には料金も同じかチェックしよう。また、時間に余裕のある時は、同じ商品でさらに安い店がないか再度探してみれば良いだろう。

 

楽天に限らず、ネットで商品を買うと、近所のスーパーやドラッグストアで購入するよりも安く購入できる。ティッシュやトイレットペーパー、生理用品など日常的に使う商品はネットで購入すると様々なコストを軽減できるはずだ。

 

楽天の割引クーポンを手に入れる方法

楽天の割引クーポンを手に入れる方法

 

楽天では商品の割引クーポンを

・店舗ページ、商品検索ページ
ラ・クーポン
お買い物マラソンのエントリーページにリンクのあるクーポン・ページ

などで取得できる。

 

楽天の商品検索ページにあるクーポン
ビーレジェンドプロテインの商品検索ページで取得できるクーポン。商品名で検索すると、上部にクーポンが表示されることがある。

 

楽天のラ・クーポン
ラ・クーポンの「myクーポン」ページ(楽天会員ログインが必要)で取得できるクーポン

 

店舗ページ・商品検索ページで得られるクーポンは取得しても損はない。したがって、決済前にこれらページでクーポンが配布されているかの確認をしても良いだろう。店舗ページ・商品検索ページに表示されない場合は現在そのショップでクーポンが配られていない状態である。

 

ラ・クーポン、お買い物マラソンのエントリーページのリンク先でもらえるクーポンは利用しても損はない。しかし、お買い物マラソン、ラ・クーポンから取得できるクーポンについては必ずしもオトクとは言えない。なぜなら、そのキャンペーン用に料金を上げている商品もあるからだ。

「クーポンがあるから商品を購入する」のではなく、「欲しい商品で使えるクーポンがあるかを探す」ようにした方がムダ使いも生じないだろう。

 

15歳から25歳なら送料無料クーポンなどの特典がある「楽天学割」を利用する

学生なら送料無料クーポンがもらえる「楽天学割」を利用する
young.rakuten.co.jp

 

楽天には「楽天学割」があり、送料無料クーポンがもらえ、楽天ポイント10倍で教科書・参考書、漫画を買える。

楽天学割は学生である必要はなく、15歳から25歳の楽天会員が利用できる。つまり、この年齢に入る人なら会社員でもフリーターでも登録できる。条件を満たすなら、とりあえず加入しておいた方が良いだろう。登録はもちろん無料である。

>>> 【登録無料】楽天学割

ただし、送料無料クーポンは全ての店舗で使えるわけではない。送料無料クーポンが使えるのはファッション関係の店舗が多くなっている。

楽天ブックスやRakuten TVでのポイント還元アップ目的で利用すると良いだろう。

 

安く購入したいなら楽天、手っ取り早く商品を受け取りたいならAmazon

楽天で注文した商品を翌日中に受け取る方法

 

最安値の商品を探すのが面倒という点に加え、もう1つ楽天がAmazonに劣る点として、商品の届くスピードがある。 Amazonプライムは都市部だと、多くの商品が翌日までに届くようになっている。Amazonのこの速度に慣れると、楽天で商品が届くまでの遅さに耐えられないという人も出てくるだろう。一般的にも「Amazonは早く届く」「楽天は商品が届くのが遅い」というイメージが定着してしまった。

 

日用品や生鮮食品なら楽天西友ネットスーパーで早くても翌日に商品を届けてくれる。

楽天西友ネットスーパーの賢い利用方法をカード決済やクーポンなどとともに紹介します
楽天西友ネットスーパーはスーパーの西友で販売されている商品を自宅まで配送してくれるサービスである。1.一定額以上の購入で送料無料2.当日もしくは翌日以降に自宅へ配送3.商品の値段が店舗並に安い4.生鮮食品の扱いもある5.楽天ポイントが貯まる

しかし、ネットスーパーという名前のように、料金も扱いのある商品もスーパーマーケット並になっている。もちろん、スーパーへ行く代わりに利用する分には労力的なコストが抑えられるためおすすめである。

 

また、楽天市場にも翌日中に商品が届けられる「あす楽」というサービスがある。

楽天のあす楽
あす楽

 

楽天の「あす楽」では正午までに注文すると、翌日中に商品を受け取れる。しかし、Amazonプライム会員対応商品に比べ、最安値で商品が買えなかったり、商品のバリエーションは少なくなる。

取扱商品が限定されており、最安値で商品が買えない点は楽天24も同じである。楽天24は商品の発送も比較的早く、3980円以上で送料無料となっているためわかりやすい。ただ、あす楽に対応していたり、楽天24に購入先店舗を限定して商品を購入すると、楽天の利点とも言える安さを享受できなくなる。Amazonプライム会員になり、Amazonで商品を注文した方が早さや安さを享受できるだろう。

 

Amazonの配送速度は独自の倉庫を管理し、中央集権的な配送システムだからこそなせる。楽天市場の場合は楽天市場に出店する店舗の倉庫から個別に発送するのが基本なので、配送するタイミングも各店舗に委ねられている。楽天での消費額を増やすには、時間に余裕をもった注文が必要になるだろう。

 

楽天市場デメリットとメリット

Amazonと楽天を商品到着までの日数、送料、最安値商品の見つけやすさ 、商品の料金、購入における還元率で比べると、下記のようになる。

Amazon楽天
商品到着までの日数当日、もしくは数日後(Amazonプライム)数日から1週間程度
送料Amazonプライム会員なら無料合計注文額によって異なる。3980円以上の注文で無料になる店もある
最安値商品の見つけやすさ原則、同じ商品が重複で掲載されていないため見つけやすい最安値の商品は見つけにくい上、店舗ごとの送料無料条件もわかりにくい
商品の料金電化製品は楽天よりも安い商品が多い。それ以外は楽天よりも高い物が多いAmazonより安い物が多い。しかし、電化製品はAmazonよりも高い商品が多い。
購入における還元率数%が限度数%から数十%

 

Amazonプライム会員なら、Amazonで注文した商品を2、3日で受け取れる。沖縄に住む人は受け取りまでに時間がかかる。しかし、Amazonプライムなら沖縄への送料は無料になる。

通常、本土のオンラインショップで商品の注文し、沖縄への配送をすると特別配送料が発生する。しかし、Amazonプライムでは特別送料を取られない。したがって、沖縄に住む人はAmazon中心の消費にならざるを得ない。

また、電化製品は楽天よりもAmazonに安い商品が売られている。Amazonでは中国製品が多く出品されているからだ。

 

こうしたAmazonのメリット、楽天からしたらデメリットに対し、楽天では多くの商品がAmazonよりも最く購入でき、SPUやキャンペーンによる還元率が高いというメリットがある。

安値で購入でき、かつ消費に対する還元率が高いなら、当然生活も豊かになるだろう。商品が届くのが遅くとも、楽天での消費額を増やすのは生活を豊かにしたい人にとって手軽な手段と言えるのだ。

 

商品の購入だけでなく、サービスも楽天を利用し、「楽天経済圏」での消費を増やすと、生活もより豊かになる。詳しくは下記記事を参考に。

楽天経済圏における楽天ポイント生活で最大限に豊かになる方法
 楽天経済圏とは、楽天が提供するサービスや楽天ポイントが使える場所で回る経済圏を言う。楽天が電話や電気のサービスを始めたり、楽天ポイントが楽天Payを通してリアル店舗でも使えるようになったことで楽天経済圏は大きく広がっている。消費を含む殆の
タイトルとURLをコピーしました