楽天カードに付いている海外旅行保険の補償内容から家族(子供)を含む適用範囲までを説明します

楽天カードに付いている海外旅行保険の補償内容から家族(子供)を含む適用範囲までを説明します楽天カード

 

楽天のクレジットカードはいずれも海外旅行保険が付いている。

楽天のクレジットカードは補償内容や適用条件について「楽天カード」と「楽天プレミアムカード」に大きく分けられている。楽天カードは利用付帯であり、補償額も楽天プレミアムカードに比べて少なくなっている。特に、利用付帯の点で、保険が適用される条件についてはしっかり理解しておく必要がある。心配なら持ってるだけで海外旅行保険加入状態になる楽天プレミアムカードを作成しておくべきだ。

>>> 【楽天プレミアムカード】新規入会で楽天ポイントがもらえる入会ページ

 

楽天カード会員(加入者)の家族は家族カードを持っていないと海外旅行保険の適用を受けられない(家族特約が付いていない)。18歳未満の子供は家族カードも発行できない。したがって、ミライノデビットPLATINUMなど家族特約が付いており十分な補償を受けられるカードを作成するか、海外旅行の際に別途旅行保険へと入っておいた方が良いだろう。

 

この記事では楽天のクレジットカードに付いている(付帯している)海外旅行保険を詳しく知りたい人に向け

▶ 楽天カード、楽天プレミアムカードに付帯する海外旅行保険の適用条件と家族、友人までの適用範囲
▶ 楽天カード、楽天プレミアムカードにおける海外旅行保険の補償

を中心に

▶ 楽天カード、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードにおける旅行関連のサービス比較

まで詳しく解説していきたいと思う。

 

病気になったり、事故に遭ってから実際にキャッシュレス(お金を使わない)診療、治療を受けるまでの流れ、注意点までを詳しく知りたい人は下記記事を参考に。

クレジットカードに付帯している海外旅行保険の使い方をわかりやすく述べていく
現地で海外旅行保険を使う場合、まず利用するクレジットカードの海外旅行保険が利用付帯か自動付帯か?を確認をしなければならない。自動付帯は持ってるだけで保険が適用される。しかし、利用付帯は海外旅行保険の適用条件を満たさなければ保険の適用を受けれ

 

楽天カード、楽天プレミアムカードに付帯する海外旅行保険の適用条件と家族、友人までの適用範囲

楽天カード(利用付帯)、楽天プレミアムカード(自動付帯)に付帯する海外旅行保険の適用条件と適用範囲

 

楽天カードを海外旅行保険の適用条件で分けると楽天カードと楽天プレミアムカードに分けられる。VISAやMasterCard、JCB等のカードブランド、ANAマイレージクラブカード、PINKカード、アカデミー、ゴールドカードといった種類に関係無く、楽天のクレジットカードはいずれも海外旅行保険が付いている。

 

楽天カードは利用付帯となり、楽天プレミアムカードは自動付帯になる。年会費有料の楽天ゴールドカードも海外旅行保険は他の楽天カードと同じ適用条件(利用付帯)、補償額になる。

楽天カード楽天プレミアムカード
種類楽天ANAマイレージクラブカード、楽天PINKカード、楽天カード アカデミー、楽天銀行カードおよび楽天ゴールドカードなど楽天プレミアムカード(楽天ビジネスカード)
海外旅行保険の適用条件利用付帯自動付帯

 

利用付帯のクレジットカードは保険が適用される条件として「クレジットカードの利用」を前提としている。自動付帯は利用を前提とせず、クレジットカードを持っている(作成した)会員になっただけで、常に海外旅行保険に加入している状態になる。

 

また、楽天カード、楽天プレミアムカードいずれもカード会員(カード保有者)のみに保険が適用される。同行する家族や友人の病気や事故では保険を適用できない。ただし、カード会員なら利用付帯による範囲を広げられる。また、カード会員の配偶者もしくは18歳以上の子供なら「家族カード」を発行すれば適用を受けられる。

 

下記では利用付帯と自動付帯についての説明からカード会員と家族の保険適用について紹介していく。

 

楽天カード「利用付帯」

楽天カード「利用付帯」
楽天カード

 

利用付帯のクレジットカード場合、海外旅行中もしくは国内での移動料金をこのクレジットカードで支払う必要がある。

楽天カードの場合、「日本を出国する以前に海外旅行代金(募集型企画旅行の代金)を楽天カードで支払」が条件となっている(rakuten-card.co.jp/overseas/insurance/より)。「日本を出国前に」とあるので、海外旅行先で(海外にいる時)別の都市への航空券や長距離バス料金を利用付帯のクレジットカードで支払っても保険は適用されない。逆に、航空券や海外の長距離バス料金を1円でも「日本出国前に」楽天カードで予約、決済していれば適用される。利用する全ての公共交通乗用具の代金を同じクレジットカードで支払う必要は無い。

楽天カードでは自宅から出発空港までの交通費(公共交通乗用具の運賃)のみを支払っても保険は適用されない(rakuten-card.co.jp/info/news/20200701/より)。

 

補償対象期間は「日本出国日から3カ月後の午後12時(24時)までの旅行期間」になっている。また、疾病治療は「海外旅行中または旅行期間終了後48時間以内に発病し、かつ、海外旅行中または旅行期間終了後48時間以内に医師の治療を受けられた場合」も適用される(rakuten-card.co.jp/overseas/insurance/より)。したがって、日本出国日から3カ月以内に旅行から帰国し、48時間後に発熱し、国内で診察を受けた場合も保険の適用範囲となる。

 

ただ、上記のような利用条件を満たしても保険料の支払いを拒否されるといった事例が利用付帯のクレジットカードの場合は度々報告されている。したがって、持ってさえいれば海外旅行保険が適用される自動付帯のクレジットカードの方を作成するのが望ましい。

 

年会費が無料、自動付帯で海外旅行保険が付いてくるクレジットカードとしては下記クレジットカードがある。

>>> 世界38カ国に日本語対応の現地デスクもある海外旅行保険付き無料クレジットカード

海外旅行保険が付帯するクレジットカードを複数枚持っている場合、怪我や病気の補償額は合算できる。海外旅行保険が自動付帯かつ年会費が無料のクレジットカードは作っておかないと損だと言える。

 

楽天プレミアムカード「自動付帯」

楽天プレミアムカード「自動付帯」
楽天プレミアムカード

 

自動付帯の場合、海外旅行中に病気や事故、盗難にあったら、航空券などの利用明細等は必要なく補償を受けれる。カード会員の家族も、楽天プレミアムカードの家族カードを発行すれば海外旅行保険が適用される。適用条件がかなり広いため、海外旅行の際には海外旅行保険が自動付帯するクレジットカードを用意しておくべきだ。

 

病気や事故で病院へ行く際も、サポートデスクへ電話しクレジットカード番号を伝えれば滞在先近くの病院を予約してもらえる。現金の負担なしに診療を受けられるキャッシュレス診療の手続も利用付帯より簡単である。

補償対象期間は楽天カードと変わらない。「日本出国日から3カ月後の午後12時(24時)」まで、疾病治療は「海外旅行中または旅行期間終了後48時間以内に発病し、かつ、海外旅行中または旅行期間終了後48時間以内に日本国内で医師の治療を受けられた場合」にも適用される。

 

カード会員と家族の保険適用について

楽天カードには家族特約が付いていない。したがって、楽天カードに付帯する海外旅行保険の適用を受けられるのはカード会員(楽天カードに紐づく家族カードを含む)のみである。楽天カードの家族カードなら利用付帯、楽天プレミアムカードの家族カードなら自動付帯で海外旅行保険が適用される。楽天カードの家族カードは年会費が無料。楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードの家族カードの年会費は税込550円になる。

また、楽天カードの利用付帯においては適用範囲を広げられる。たとえば、4人で海外旅行へ行く際に、同伴者全員分の旅行代金を1人がまとめて楽天カードで支払ったとする。この場合、支払に使った楽天カードの所有者だけでなく、楽天カードを持っている同伴者全員(家族、友人問わず)が保険の適用を受けられる海外旅行傷害保険・同伴者の適用条件より)。繰り返しになるが、この場合でも楽天カードに紐づく家族カードを含む「カード会員」でなければならない。18歳未満の子供は家族カードを発行できないため、家族カードが作れない子供は別途旅行保険へと加入するか、家族特約が付いているカードと契約する必要がある。

 

家族特約が付いており、かつ補償額も大きいカードとしてはミライノデビットPLATINUMが有名である。ミライノデビットPLATINUMは年会費が1万1000円で住信SBIネット銀行で作成できるデビットカードになる。

ミライノデビットPLATINUMに付帯する海外旅行保険は下記のような補償額になっている。家族特約が付いているため、家族カードを持っていない配偶者や子供などの親族にも、海外旅行保険が適用される。

カード会員本人カード会員本人の家族
傷害治療費用1000万円500万円
疾病治療費用700万円350万円
携行品損害100万円(1年間)50万円(1年間)
傷害死亡・後遺障害
(後遺障害)
1億円
(400万円~1億円)
1000万円
(40万円~1000万円)
賠償責任1億円5000万円
救援者費用500万円(1年間)250万円(1年間)
海外旅行保険の適用条件自動付帯自動付帯

2020年11月現在(netbk.co.jpより)

 

デビットカードなので審査不要で作れる。クレジットカードの審査が通らない人も欧米など、治療費の高い国へ旅行するならこちらを用意しておけば良いだろう。

ミライノデビットPLATINUMを含む、住信SBIネット銀行のミライノデビットについては下記記事も参考に。

ミライノデビットの最強に賢い使い方を紹介する【住信SBIネット銀行】
ミライノデビットは住信SBIネット銀行が発行するキャッシュカード一体型のデビットカードである。年会費無料の・ミライノデビット(Mastercard、Visa)と、年会費1万1000円(税込)の・ミライノデビットPLATINUMがある。ミライ

ミライノデビットPLATINUMの海外旅行保険は自動付帯になる。治療費などは合算できるため、海外旅行保険が自動付帯するカードは複数枚持っていても損はない。

 

楽天カード、楽天プレミアムカードにおける海外旅行保険の補償

楽天カード、楽天プレミアムカードにおける海外旅行保険の補償

 

海外旅行保険では傷害および疾病の治療、携行品損害の補償が良く利用されている。

1.治療・救援費用 47.8%
2.携行品損害 26.9%
3.旅行事故・緊急費用 20.4%
4.旅行キャンセル・中断 3.1%
5.個人賠償責任 0.9%
その他 0.9%

2019年度 海外旅行保険事故データ(2019年4月~2020年3月)より

 

事故や事件に巻き込まれて怪我を負った場合、傷害治療費用として補償を受けれる。病院で病気の診断、治療の受けた場合、疾病治療費用として補償を受けれる。

携行品損害補償とは荷物が盗難されたり、電子機器が破損した場合に適用される補償である。携行品損害補償では電子機器の盗難や破損では補償を受けれる。一方で、現金や有価証券などの補償はなされない。つまり、財布が盗まれたら、財布の補償はされる。しかし、財布に入っていた現金は保険での補償を受けれない。また、携行品損害には免責金額があり、補償を受けるために自己負担が必要になる(楽天カードは3000円の負担のみ)。

 

その他、海外旅行保険の補償内容について詳しく知りたい人は下記記事を参考に。

海外旅行保険の補償内容を中心に、保険利用前に知っておくべきことをまとめて紹介する
2019年度 海外旅行保険事故データ(2019年4月~2020年3月)によると、何らかの事故や病気を患い、海外旅行保険の適用を受けたのは保険加入者全体のうち4.14%、つまり、24人に1人となっている。この中には海外旅行保険をきちんと理解し

 

楽天カードの補償額

海外旅行保険が適用される補償について、楽天カード(楽天ゴールドカード含む)、楽天プレミアムカードの限度額は下記のようになっている。

補償内容楽天カード楽天プレミアムカード
(傷害)死亡後遺障害利用付帯・最高2000万円最高5000万
(自動付帯4000万円、利用条件1000万円)
傷害治療費用利用付帯・200万円自動付帯・300万円
疾病治療費用利用付帯・200万円自動付帯・300万円
賠償責任利用付帯・2000万円自動付帯・3000万円
携行品損害利用付帯・最高20万円(免責金額3000円)最高50万円免責金額3000円
(自動付帯30万円、利用条件20万円)
救援者費用利用付帯・200万円自動付帯・200万円

2020年11月現在の補償(www.rakuten-card.co.jpより)

 

楽天カードは上でも紹介したようにすべて利用付帯になる。

楽天プレミアムカードは持ってるだけで海外旅行保険へ加入している状態の自動付帯が原則になっている。また、(傷害)死亡後遺障害、携行品損害は利用によって補償額上限額が増える。たとえば、楽天プレミアムカード(楽天ビジネスカード)を旅行代金に利用していれば携行品損害30万円の補償に20万円が加算される(合計50万円になる)。

 

傷害治療費用と疾病治療費用について、欧米では骨折やちょっとした病気による入院でも治療費が1000万円を越えるケースがあり、楽天カードの補償額だけでは十分でない可能性もある。しかし、上でも述べたとおり、クレジットカードに付いている補償額は合算できる。たとえば、楽天カードの利用付帯条件を満たし、自動付帯のミライノデビットPLATINUMを作成していれば傷害治療費用として200万円(楽天カード)と1000万円(ミライノデビットPLATINUM)の計1200万円までは保険会社が負担してくれる。心配なら複数の海外旅行保険へ加入しておくべきだ。

傷害死亡保険金、傷害後遺障害保険金の額は複数のクレジットカードを持っていても合算されない。傷害死亡保険金は加入しているカードでもっとも高い額を上限額に支払われる。傷害後遺障害保険金については、持ってるカードの最高支払上限額に後遺障害の程度に応じた割合を乗じた額を限度として、保険金が支払われる(楽天カード・海外旅行傷害保険ご利用ガイドより)。

 

楽天カード以外では、海外旅行保険が自動付帯し、かつ年会費が無料のクレジットカードもある。このクレジットカードももちろん保険料の合算ができる。自動付帯で年会費無料のクレジットカードは作っておかないと損だろう。

>>> 世界38カ国に日本語対応の現地デスクもある海外旅行保険付き無料クレジットカード

 

楽天カード、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードにおける旅行関連のサービス比較

楽天カード、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードにおける旅行関連のサービス比較

 

楽天カード、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードは海外旅行保険「以外」の旅行関連サービスでも差がある。楽天プレミアムカードは年会費1万1000円を払う価値があるほど、旅行関連サービスが充実している。

 

楽天カード、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードにおける年会費や利用可能額、旅行関連サービスをまとめて比較すると下記のようになる。

楽天カード楽天ゴールドカード楽天プレミアムカード
年会費無料年会費税込2200円年会費税込1万1000円
利用可能額100万円200万円300万円
空港ラウンジ国内33空港とハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港、韓国の仁川空港が年2回まで無料で利用できる。国内33空港とハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港、韓国の仁川空港が無料で利用できる。
プライオリティパスプライオリティパスのプレステージ会員無料申込可
旅行デスクカード会員用の海外トラベルデスクありカード会員用の海外トラベルデスクあり
手荷物宅配サービストラベルコースを選択した楽天プレミアムカード会員のみ、年2回まで手荷物宅配サービスを利用できる。

2020年11月現在、提供されているサービス(rakuten-card.co.jpより)

 

下記では楽天ゴールドカード会員および楽天プレミアムカード会員が受けれる空港ラウンジとプライオリティパス、海外トラベルデスク、手荷物宅配サービスについて更に詳しく紹介していく。

 

空港ラウンジの利用

タイ・バンコクの空港ラウンジ
タイ・バンコクの空港ラウンジ

 

空港ラウンジではWiFiやPC電源が提供され、バイキング形式で軽食を取ることができたり、飲み物のサービス、シャワーが付いているところもある。空港ロビーやカフェよりも断然快適に過ごせるだろう。

 

楽天ゴールドカード会員は年2回まで、楽天プレミアムカード会員は利用回数の制限無しに空港ラウンジが無料で利用できる。国内は33の空港ラウンジ、海外ではハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港、韓国の仁川空港が利用できる。

たとえば、羽田空港では国内線ターミナルの「POWER LOUNGE SOUTH」 「POWER LOUNGE NORTH」 「POWER LOUNGE CENTRAL」 「エアポートラウンジ(南)」が利用できる。利用できるラウンジやラウンジの場所については下記ページを参考に。

国内空港ラウンジ|楽天カード
国内主要空港、ハワイ/ダニエル・K・イノウエ国際空港、韓国/仁川空港のラウンジを無料でご利用いただけます。楽天ブラックカード・楽天プレミアムカード・楽天ゴールドカードの会員様(家族カード会員様含む)限定の特典です。

 

楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードで利用できるラウンジは国内空港が中心になる。プライオリティパスは世界中の空港で利用できる。海外旅行ではプライオリティパスの方が利用しやすいだろう。

 

プライオリティパス

楽天プレミアムカード会員、楽天ブラックカード会員は国内外の空港ラウンジを無制限で利用できるプライオリティパス・プレステージ会員へ無料で申し込みができる。

 

プライオリティパス
プライオリティパス

 

プライオリティパスは楽天プレミアムカードが発行されてから別途申し込みが必要になる。楽天e-NAVI(楽天カードの会員ページ)からプライオリティパス発行の申し込みができ、申し込みから2週間程度でカードが届けられる。

 

プライオリティパスはスタンダードからプレステージ会員まである。プレステージ会員はラウンジの利用制限や利用料金を必要としないプランで、通常は429ドル(約4万8000円)の年会費が必要になる。楽天プレミアムカードには、このプライオリティパス・プレステージ会員が無料で発行できる。

ちなみに、このプライオリティパス プレステージ会員が無料で付いている国内のクレジットカードの中でも楽天プレミアムカードは最も年会費が安い。

楽天プレミアムカード年会費1万1000円(税込)
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード年会費2万2000円(税込)
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード年会費2万2000円(税込)

プライオリティパス(プレステージ会員)を無料で発行できるクレジットカードの年会費比較

 

楽天プレミアムカードはプライオリティパス目的でも十分作っておく価値があると言えるだろう。

 

プライオリティパスが利用できる空港ラウンジについて

プライオリティパスが利用できる空港ラウンジについて
www.prioritypass.com

 

プライオリティパスで利用できる空港ラウンジとして、ビジネスクラスやファーストクラスの乗客しか利用できない航空会社のラウンジもある。下記ページの「ラウンジ検索」で都市名もしくは空港名をいれれば、プライオリティパスで利用可能なラウンジが表示される。

世界に広がるラウンジ・ネットワーク | プライオリティ・パス
プライオリティ・パスは、世界最大のネットワークを誇る空港ラウンジ・アクセス・プログラムです。

 

プライオリティパスが使える日本の空港、ラウンジ、レストランをまとめて紹介すると下記のようになる。

・成田国際空港(東京)
IASS Executive Lounge(第1ターミナル)
KAL Business Class Lounge(第1ターミナル)
T.E.I. Lounge(第1ターミナル)
IASS Executive Lounge(第2ターミナル)
T.E.I. Lounge(第2ターミナル)

・関西国際空港(大阪)
Botejyu(第1ターミナル)
KAL Business Class Lounge(第1ターミナル)

・中部国際空港(名古屋)
Centrair Global Lounge
KAL Lounge
Star Alliance Lounge

・福岡国際空港(福岡)
KAL LOUNGE(国際線ターミナル)

2020年11月現在、日本国内では4都市4空港10ラウンジ・1レストランでプライオリティパスが利用できる。

 

レストランのBotejyu(ぼてぢゅう)は関空3階のレストラン街にあるお好み焼き屋である。この店ではプライオリティパス1枚につき3400円まで無料となったいる。つまり、3400円以内ならただで食事ができる。3400円を超過した分だけ支払う形になっている。

羽田空港にはプライオリティパスで無料利用できるラウンジが無い。また、LCC専用ターミナルである成田空港の第3ターミナル、関西国際空港の第2ターミナルにもプライオリティパス用のラウンジが無い(2020年11月現在)。

プライオリティパスは国内線の主要空港、海外の主要空港での利用が主になる。

 

空港ラウンジを利用する際は受付でプライオリティパス当日航空券(もしくは半券)の提示が必要になる。楽天プレミアムカードの提示は不要である。プライオリティパスは忘れないように注意しよう。

また、同伴者がプライオリティパスを持っていない場合、利用料金(同伴者1名につき3240円程度)を取られたり、ラウンジを使用できないこともあるので注意が必要である。

 

海外トラベルデスク

海外トラベルデスクは楽天ゴールドカード会員、楽天プレミアムカード会員、楽天ブラックカード会員が利用できるサービスである。

ニューヨーク、ホノルル、パリ、ミラノ、上海など世界38拠点に現地デスクがあり、

・緊急時の各種案内
パスポート・カードの紛失や盗難
病気や怪我など

・現地情報の紹介
都市・観光情報など様々な
情報のご紹介

・各種予約・手配
レストラン・オプショナルツアーのご予約など

を行ってもらえる。

特に、緊急時については海外トラベルデスクで問題解決の方法を聞いた方が安心だろう。海外に慣れていない人はこうしたトラベルデスクに助けを求めた方が良い。もちろん、現地のトラベルデスクでも日本語に対応している。

ただし、トラベルデスクが提供するサービスは全てが無料ではなく、実費や手数料を求められることもある。

 

手荷物宅配サービス

手荷物宅配サービス
rakuten-card.co.jp

 

手荷物宅配サービスとは出発時に空港へ荷物を送ったり、空港到着時に自宅へ荷物を送れるサービスである。楽天プレミアムカード会員と楽天ブラックカード会員が受けられる。自宅から空港まで、もしくは空港から自宅まで大きなスーツケースを運ぶ必要もなくなる便利なサービスである。

 

手荷物宅配サービスは利用できる空港が「成田国際空港」「羽田国際空港」「中部国際空港」「関西国際空港」の国内4空港に限られている。また、楽天プレミアムカード会員で「楽天市場コース」「トラベルコース」「エンタメコース」のうち「トラベルコース」を選択した人が年2回までしか利用できない。楽天ブラックカード会員は無条件で年2回まで無料で利用できる。

 

手荷物宅配サービスについて詳しく知りたい人は下記ページを参考に。

楽天カード:手荷物宅配サービス:楽天カード
楽天ブラックカード・楽天プレミアムカード限定の手荷物宅配サービスは、自宅などから出発空港へ、または空港から自宅などへ手荷物を無料でお届けするサービスです。

 

海外旅行のために楽天プレミアムカードを発行すべきか?

楽天プレミアムカードは海外旅行保険が自動付帯するだけではなく、世界中の空港で使えるプライオリティパスを無料で申し込めたり、旅行関連サービス以外でも様々な特典が付いている。

楽天プレミアムカードのサービスについてまとめて理解したい人は下記記事を参考に。

楽天プレミアムカードにおけるメリットを享受できる人
twitter.com 楽天プレミアムカードは税込みで1万1000円の年会費がかかる。従って、楽天プレミアムカードに申し込む際にはこれに見合ったメリットが必要になる。この年会費1万1000円を負担しても「海外旅行保険が自動で付帯」「プライオ

 

楽天プレミアムカードは年会費として1万1000円がかかる。しかし、海外旅行へ年に数回行く人なら、その価格分のサービスを十分に受けれるだろう。楽天プレミアムカードの審査は楽天カードよりも厳しくなるものの、これら特典を受けたい人は一度申し込んでみるべきだ。

>>> 【楽天プレミアムカード】新規入会で楽天ポイントがもらえる入会ページ

 

楽天プレミアムカードと一緒に年会費が無料でかつ海外旅行保険が自動付帯のクレジットカードも作っておけば、怪我や病気の補償額も合算して上限額を上げれる。海外旅行保険が自動付帯で付いており、年会費無料のクレジットカードは作っておいて損はない。

 

病気になったり、事故に遭ってから実際にキャッシュレス(お金を使わない)診療、治療を受けるまでの流れ、注意点までを詳しく知りたい人は下記記事を参考に。

クレジットカードに付帯している海外旅行保険の使い方をわかりやすく述べていく
現地で海外旅行保険を使う場合、まず利用するクレジットカードの海外旅行保険が利用付帯か自動付帯か?を確認をしなければならない。自動付帯は持ってるだけで保険が適用される。しかし、利用付帯は海外旅行保険の適用条件を満たさなければ保険の適用を受けれ
タイトルとURLをコピーしました