S&P500に連動する投資信託を安いコストでお得に買う方法【楽天証券】

S&P500に連動する投資信託を安いコストでお得に買う方法【楽天証券】楽天証券

 

S&P500に連動する日本の投資信託を信託報酬の低い順にまとめて紹介すると下記のようになる。

信託報酬
・購入時手数料(税込)
純資産分配金つみたてNISA運用会社(参照元)
SBI バンガード S&P500インデックス ファンド (SBIバンガードS&P500)0.0938%
(信託報酬のみ)
1140億円実績無しSBIアセットマネジメント
eMAXIS Slim米国株式(S&P500)0.0968%
(信託報酬のみ)
2532億円実績無し三菱UFJ国際投信
つみたて米国株式(S&P500)0.22%
(信託報酬のみ)
1.47億円実績無し三菱UFJ国際投信
Smart-i S&P500インデックス0.242%
(信託報酬のみ)
2.59億円実績無しりそなアセットマネジメント
iFree S&P500 インデックス0.2475%
(信託報酬のみ)
182億円実績無し大和アセットマネジメント
NZAM ベータ S&P5000.264%
(信託報酬のみ)
0.36億円実績無し農林中金全共連アセットマネジメント
iシェアーズ 米国株式 インデックス ファンド0.4125%
(信託報酬のみ)
50.61億円実績無し不可ブラックロック ジャパン
米国株式インデックス ファンド0.495%
(信託報酬のみ)
60.52億円実績無しステート ストリート グローバル アドバイザーズ
つみたてNISA米国株式 S&P5000.495%
(信託報酬のみ)
31.30億円実績無し農林中金全共連アセットマネジメント
米国株式 S&P500 インデックスファンド0.605%
(購入時手数料1.65%)
6.75億円1万口25円
(2020年3月)
不可農林中金全共連アセットマネジメント
iFreeレバレッジ S&P5000.99%
(信託報酬のみ)
43億円実績無し不可大和アセットマネジメント

2021年1月現在の数字

 

いずれもS&P500に連動する投資信託なのでパフォーマンスはほとんど変わらない。S&P500に連動する日本の投資信託の違いは主に

1.手数料(信託報酬、購入時手数料)
2.購入できる証券会社
3.分配金の有無である

となる。

手数料で見ればSBIバンガードS&P500がもっとも安くなる。購入手数料は無料のノーロードであり、信託報酬は年間わずか0.0938%である。

ただし、SBIバンガードS&P500を購入できる証券会社はSBI証券、マネックス証券など6社しかない。楽天証券では投資信託の購入で1%還元、保有で年率0.048%の還元を受けられる。S&P500に連動する投資信託を安いコストでお得に購入したいなら、楽天証券で購入できる投資信託でもっとも手数料の安いeMAXIS Slim米国株式(S&P500)を選ぶべきだ。

>>> 【楽天ポイント、楽天カードで投資ができる】投資信託の購入と保有で楽天ポイントが貯まる楽天証券口座開設ページ

>>> 【楽天証券で投資信託が買える!】新規入会で大量の楽天ポイントがもらえる楽天カード入会ページ

 

この記事では

▶ S&P500に連動する投資信託の手数料と証券会社による違い
▶ S&P500に連動する投資信託の投資先とパフォーマンス、分配金について
▶ 「SBIバンガードS&P500」と「VOO(バンガードS&P500 ETF)」の比較

から

▶ 投資信託をもっとも安いコストで買うなら「楽天証券」を使うべき理由

まで詳しく述べていきたいと思う。

 

S&P500に連動する投資信託の手数料と証券会社による違い

S&P500に連動する投資信託の手数料と証券会社による違い

 

多くの投資信託は購入手数料・解約手数料が無料となっている(ノーローン)。S&P500に連動する投資信託では「米国株式 S&P500 インデックスファンド(農林中金全共連アセットマネジメント)」のみ、購入時の手数料が発生する。購入金額の1.65%(税込)が手数料なので、1万円分購入すると、165円がかかる。

投資信託の主な手数料は信託報酬である。購入手数料・解約手数料が無料の投資信託でも信託報酬は発生する。信託報酬は1年間でかかる手数料の合計で、投資信託を保有すると毎日計上される。S&P500に連動する投資信託でも、この信託報酬が手数料の比較対象となる。

S&P500に連動する投資信託でもっとも信託報酬の安い投資信託は「SBIバンガードS&P500」であり、年0.0938%(税込)になっている(2021年1月現在)。つまり、SBIバンガードS&P500を1年間平均100万円分保有しても、 938円の手数料しかかからない。「SBIバンガードS&P500」の信託報酬が安いのはS&P500に連動するために必要な米国株式の売買もVOO(バンガードS&P500 ETF)が行ってくれるからだろう。

 

証券会社による違い

投資信託購入時の証券会社による違いとしては

①購入できる投資信託
②還元制度

がある。

購入できる投資信託について、たとえば、もっとも信託報酬の安い「SBIバンガードS&P500」は2021年1月現在、

・SBI証券
・岡三オンライン証券
・佐賀銀行
・マネックス証券
・auカブコム証券
・SMBC日興証券

でしか購入できない(SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド 月次レポートより)。
S&P500に連動する投資信託で2番目に手数料の安い「eMAXIS Slim米国株式」は21年1月現在、SBI証券や楽天証券、マネックス証券など21社で購入できる(eMAXIS Slim米国株式 月次レポートより)。

 

証券会社では投資信託の購入・保有で還元も受けられる。特に還元率が大きい証券会社としては楽天証券がある。楽天証券では毎月5万円まで投資信託を楽天カードで購入でき、1%の還元を受けれる。また、保有でも投資信託の残高10万円ごとに毎月4ポイント(年率0.048%)の還元を受けられる。

たとえば、毎月5万円分の「eMAXIS Slim米国株式」を楽天カードで購入すると、月に500ポイント、年間6000ポイントの還元を受けれる。「eMAXIS Slim米国株式」の購入で年6000ポイントは信託報酬の10.66年分になる。また、「eMAXIS Slim米国株式」の平均保有金額が年60万円なら保有による還元が288ポイントであり、信託報酬(手数料)が580円になる(差額で292円)。

 

他にも楽天証券では楽天における消費の還元率アップといった特典(SPU)もある。投資信託を購入するなら、楽天証券を利用すべきだ。

>>> 【楽天ポイント、楽天カードで投資ができる】投資信託の購入と保有で楽天ポイントが貯まる楽天証券口座開設ページ

また、投資信託の購入前には楽天カードも申し込んでおこう。

>>> 【楽天証券で投資信託が買える!】新規入会で大量の楽天ポイントがもらえる楽天カード入会ページ

 

楽天証券における投資信託の購入および保有による還元についてさらに詳しく知りたい人は下記記事を参考に。

投資信託を購入するなら楽天証券を使うべき理由
投資信託を楽天証券で買うべき理由は 1.楽天の買い物における還元が1%増える という理由の他に 2.楽天カードによる投資信託の購入で1%還元を受けれる 3.投資信託の残高10万円ごとに毎月4ポイント(年利0.04...

 

S&P500に連動する投資信託の投資先とパフォーマンス、分配金について

S&P500に連動する投資信託の投資先とパフォーマンス、分配金について

 

S&P 500(エス アンド ピー ファイブハンドレッド、Standard & Poor’s 500 Stock Index)は米国の代表的な時価総額加重平均型株価指数である。ニューヨーク証券取引所、NYSE MKT、NASDAQに上場している500銘柄の株価を基に算出される。

S&P500に連動する投資信託は米国株式や米国ETF(上場投資信託)、S&P500先物を購入し、S&P500との連動を目指している(正確にはマザーファンドへの投資を通じて実質的に値動きのある有価証券等を投資対象としている)。具体的には下記のような違いになっている。

投資先参照元(月次レポート)
SBI バンガード S&P500インデックス ファンド (SBIバンガードS&P500)VOO(S&P 500連動を目指す米国ETF)へ投資doc.wam.abic.co.jp
eMAXIS Slim米国株式(S&P500)Apple、Microsoft、AmazonなどS&P500採用企業へ投資emaxis.jp
つみたて米国株式(S&P500)Apple、Microsoft、AmazonなどS&P500採用企業へ投資am.mufg.jp
Smart-i S&P500インデックスApple、Microsoft、AmazonなどS&P500採用企業へ投資resona-am.co.jp
iFree S&P500 インデックスApple、Microsoft、AmazonなどS&P500採用企業へ投資daiwa-am.co.jp
NZAM ベータ S&P500Apple、Microsoft、AmazonなどS&P500採用企業へ投資ja-asset.co.jp
iシェアーズ 米国株式 インデックス ファンドiシェアーズ コア S&P 500 ETF(S&P 500連動を目指す米国ETF)へ投資blackrock.com/
米国株式インデックス ファンドApple、Microsoft、AmazonなどS&P500採用企業へ投資ssga.com
つみたてNISA米国株式 S&P500Apple、Microsoft、AmazonなどS&P500採用企業へ投資ja-asset.co.jp
米国株式 S&P500 インデックスファンドApple、Microsoft、AmazonなどS&P500採用企業へ投資ja-asset.co.jp
iFreeレバレッジ S&P500E-MINI S&P 500 先物(S&P500先物)daiwa-am.co.jp

2021年1月現在

 

パフォーマンス

S&P500に連動する投資信託はいずれもパフォーマンスに大きな違いはない。

たとえば、VOOへ投資する「SBIバンガードS&P500」と米国株式へ投資してS&P500との連動を目指す「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」を比較してみても似たようなパフォーマンスになっている。

 

SBIバンガードS&P500の1年間チャート
SBIバンガードS&P500の1年間チャート(2021年1月現在。site0.sbisec.co.jpより)

 

eMAXIS Slim米国株式の1年間チャート
eMAXIS Slim米国株式の1年間チャート(2021年1月現在。site0.sbisec.co.jpより)

 

期間別基準価額騰落率で見てもほとんど差がない。

SBIバンガードS&P500
(バンガードS&P500 ETF)
eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
前日比+0.34%+0.30%
1週間+2.33%+2.35%
1ヶ月+4.43%+4.48%
3ヶ月+10.58%+10.70%
6ヶ月+15.57%+15.74%
1年+11.26%+11.42%

期間別基準価額騰落率(2021年1月基準。site0.sbisec.co.jpsite0.sbisec.co.jpより)

 

「SBIバンガードS&P500」のように米国ETF(VOO)を通して間接的に株式へ投資するか、「eMAXIS Slim米国株式」のように株式へ投資するかで若干の違いが生じているのみである。

 

分配金の実績があるS&P500に連動する投資信託

分配金とは投資信託の収益から投資家へ配られるお金であり、株式の配当と同じ性質になる。S&P500に連動する日本の投資信託では米国株式 S&P500 インデックスファンド(農林中金全共連アセットマネジメント)」のみ分配金を配っている。

設定日配当実績
米国株式 S&P500 インデックスファンド
(農林中金全共連アセットマネジメント)
2019年3月4日1万口当たり25円
(2020年3月16日)

2019年から運用が開始され、配当実績は2020年に1度あり

 

多くのS&P500に連動する投資信託は分配金再投資専用、つまり、投資先の米国株式や米国ETFから得た配当、分配金は再投資に回している。投資信託の価格に上乗せされる形で含み益に貢献している。

分配金再投資専用の投資信託は分配金を出せずに投資信託の価格に上乗せされるため、含み益が出ても売却するまで個人には課税されない。含み損が出てるのに分配金を受け取ると、損しているのに税金を払うはめになる。税金は利益や分配金の20.315%にも及ぶ。税金を考えれば分配金の無い投資信託の方がおすすめなのだ。

分配金の無い投資信託でも、評価益分だけを売却すれば実質的に分配金を作り出せるだろう。「米国株式 S&P500 インデックスファンド(農林中金全共連アセットマネジメント)」以外のS&P500に連動する投資信託は取引手数料もかからない。金額も100円から売却できる。

 

ちなみに、つみたてNISA口座で購入するなら投資信託からの分配金や利益が最大20年間非課税となる。

楽天証券のNISA口座をおすすめできる人とは?
NISA口座では多くの証券会社で国内株式の取引手数料が無料になっている。NISA口座で国内株式のみを購入するなら、どこの証券会社を利用してもそこまでの違いはない。 楽天証券のNISA口座は国内株式と投資信託を楽天ポイントで購入...

ただし、

・iシェアーズ 米国株式 インデックス ファンド(ブラックロック ジャパン)
・米国株式 S&P500 インデックスファンド(農林中金全共連アセットマネジメント)
・iFreeレバレッジ S&P500(大和アセットマネジメント)

はつみたてNISA口座で購入できない(2021年1月現在)

分配金を得る目的なら「VOO(バンガードS&P500 ETF)」などのS&P500に連動する米国ETFが良いだろう。

 

「SBIバンガードS&P500」と「VOO(バンガードS&P500 ETF)」の比較

「SBIバンガードS&P500」と「VOO(バンガードS&P500 ETF)」の比較

 

「VOO(バンガードS&P500 ETF)」はS&P 500連動を目指す米国ETFである。上でも述べたように、「VOO」は「SBIバンガードS&P500」の投資先になる。「SBIバンガードS&P500」と「VOO」を比較すると下記のようになる。

SBIバンガードS&P500インデックスファンド
(SBIバンガードS&P500)
バンガードS&P500 ETF
(VOO)
最低購入額100円から1円単位で購入できる1株単位で購入できる。2021年1月現在は1株352.80ドル
信託報酬
(総経費率)
年0.0938%年0.03%
通貨日本円米ドル(為替コストがかかる)
分配金実績無し2020年まで毎年4回配られている
取引手数料無料約定代金の0.495%(税込)
(SBI証券、楽天証券、マネックス証券で同じ)
証券会社による還元可(楽天証券、SBI証券など)不可
NISAの利用可(つみたてNISA)可(一般NISA)

「SBIバンガードS&P500」は100円以上1円単位で購入できる。売買での手数料がかからない。日本円のままで取引できて、証券会社によっては還元を受けれる。

「VOO」は総経費率がSBIバンガードS&P500より安い。分配金がもらえるといった利点がある。

「SBIバンガードS&P500」より「VOO」を購入する人の多くは分配金目当てになっている。

 

VOOの分配金

VOOは毎年4回分配金を配っている。2016年から2020年までのVOO1株あたりの分配金実績をまとめると下記のようになる。

2016年2017年2018年2019年2020年
VOO(バンガードS&P500 ETF)の分配金4.138ドル4.3679ドル4.7367ドル5.5709ドル5.3027ドル

1年間の総計。VOOの2021年1月現在の価格は1株352.80ドル。分配金の利回りは毎年1%から2%の間になる。

 

投資信託をもっとも安いコストでお得に買うなら「楽天証券」を使うべき理由

投資信託をもっとも安いコストでお得に買うなら「楽天証券」を使うべき理由

 

S&P500に連動する投資信託はパフォーマンスにほとんど差がない。安いコストでお得に投資信託を買うなら

・手数料(信託報酬、取引手数料が無料)
・楽天証券で買えるかどうか

で選べば良い。

手数料については説明不要だろう。S&P500に連動する投資信託なら手数料は安ければ安いほど良い。

また、楽天証券で買えるかどうかがお得に買うために必要な理由は投資信託の購入および保有でもっとも還元を受けれる証券会社だからである。SBI証券の投信マイレージサービスよりも還元率が高くなっている。

下記で詳しく紹介していく。

 

SBI証券での「SBIバンガードS&P500」購入 VS 楽天証券での「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」購入

SBI証券で「SBIバンガードS&P500」を保有すると、年0.0938%の信託報酬がかかる。平均100万円分保有すると、年938円を手数料として取られる。ただ、SBI証券では投資信託保有によるTポイントの還元も受けられる(年率0.02%)。したがって、平均100万円分の「SBIバンガードS&P500」をSBI証券で保有すると、年938円の手数料とTポイント200ポイントの還元を受けられる。

楽天証券では「SBIバンガードS&P500」を購入できない。「SBIバンガードS&P500」の次に信託報酬の安い「eMAXIS Slim米国株式」は保有すると年0.0968%の信託報酬がかかる。平均100万円分保有すると、年968円を手数料として取られる。ただ、楽天証券では投資信託保有による楽天ポイントの還元も受けられる(年率0.048%)。したがって、平均100万円分の「eMAXIS Slim米国株式」を楽天証券で保有すると、年968円の手数料と楽天ポイント480ポイントの還元を受けられる。

また、楽天証券では毎月5万円まで投資信託を楽天カードで購入できる。この楽天カードによる購入では1%の還元を受けれるため、5万円分の投資信託を購入すると、毎月500ポイントの還元を受けられる。つまり、「eMAXIS Slim米国株式」の信託報酬10.33年分のポイントが還元される。購入当初は手数料よりも還元される額の方が大きくなるのだ。

S&P500に連動する投資信託に限らず、投資信託を購入するなら迷わず楽天証券を選ぶべきだ。

>>> 【楽天ポイントで株式と投資信託が買える!】楽天証券口座開設ページ

 

「SBIバンガードS&P500」「eMAXIS Slim米国株式」ほか、S&P500に連動する投資信託はいずれもS&P500に採用されている米国大型株へ投資している。米国の大型株だけでなく、NYダウやS&P500に「含まれない」中型株、小型株まで含み、米国株式時価総額の約100%をカバーしているETFとして「VTI(バンガードトータルストックマーケットETF)」がある。VTIの純資産総額は世界で第3位となっており、人気の米国ETFである。

このVTIへ投資する日本の投資信託として「楽天バンガードファンド」がある。「楽天バンガードファンド」は楽天証券やSBI証券をはじめ、多数の証券会社で購入ができる(doc.wam.abic.co.jpより)。

楽天証券ではiDeCoでも「楽天バンガードファンド」を買える。iDeCoでも「楽天バンガードファンド」を購入したい人は楽天証券に口座を開設すべきだ。

 

VTIへ投資する「楽天バンガードファンド」とVOOへ投資する「SBIバンガードS&P500」を比較したい人は下記記事を参考に。

SBIバンガードS&P500と楽天バンガードファンド、どちらを買うべきか?
投資信託(ファンド)とは特定の運用方針に基づいて、株式や債券などに投資・運用する金融商品である。SBIバンガードS&P500と楽天バンガードファンドはいずれも米国ETF(上場投資信託)へ投資する投資信託になる。 ...
タイトルとURLをコピーしました